阪神百貨店梅田本店・190m建て替えスケジュールが決定.だけど閉店スケジュールがどこにもない

2018年6月1日阪神百貨店東側オープン
http://pubnews.at.webry.info/201806/article_15.html
画像



2018年5月9日
外装はほぼ完成
http://pubnews.at.webry.info/201805/article_37.html
画像



2018年4月12日
梅田の陸橋の工事用間仕切りが取れていました。
画像

2018年4月8日
とうとう阪神百貨店の東館のオープンは6月1日に決定
予定よりだいぶおくれました。
スナックパークも復活するそうです。


※詳しくは阪神百貨店のホームページにとんでください。
フロアガイドもちゃんとあります。https://www.hanshin-dept.jp/dept/renewal/floorguide/
5月29日から31日の3日間臨時休業されるそうです。
西館の閉店セールは4月11日から。エライロングランです。
春夏婦人服とか海鮮ものって、それは違うのでは
https://www.hanshin-dept.jp/hshonten/event/index.html/

まあ、ボク的に、オープンの注目はB1と1Fです。

B1スナックパーク

立ち食いだけど、おいしい!ワンコイン(500 円)ランチから夜のサク飲みまで。毎日立ち寄りたくなる立ち食いの聖地「スナックパーク」が話題のお店を引き連れ、計13店舗で復活します。
画像

1Fパンマルシェ/ リカーマルシェ
1カ月あたり約30 のベーカリーから毎日15 種類が揃う、百貨店では珍しい食パンセレクトショップや7カ所のイベントスペースでも日替り・週替りで話題のパンが登場する、毎朝が楽しくなるパンマルシェ。
これはもしかして売上コンペ?
阪神百貨店のパン売り場(食パン)は大阪随一だと思う。
きっと、でも、もしかして阪急系のパンが並ぶのか?棲み分けしてくださいね。

2018年3月20日
2018年3月にオープンは無理で、おそらく5月ゴールデンウイーク明けに延びるのではないか
さらに壁面に蔦を這わせる形になりそう。
画像

画像

画像

http://pubnews.at.webry.info/201803/article_77.html


2017年8月阪神梅田百貨店の取り壊された部分
形が見えてきました。外装デザインは完成予想図とちがうんですね。
画像

改築中の東半分(新阪急ビル跡と合併して広くなり、高さも3階分増えて
2018年の春にの阪神百貨店がオープン。
と ともに今ある阪神デパートは閉店。解体工事に入る。
梅田百貨店戦争は熾烈になります。

2014年3月18日付け
阪神百貨店梅田本店・190m建て替えスケジュールが決定
があり、建物のイメージも決定し建物完成までのスケジュールも決まりましたが、
休業のスケジュールが、アバウトすぎてわからない。
どなたか具体的にご存知の方がいれば、教えてください

 
阪急阪神ホールディングスが、阪神百貨店梅田本店を建て替える方針を決定し、
具体的なスケジュールが決定した。

阪急百貨店と阪神百貨店のビルが、高さ約190mのツインビルとなる。

阪神百貨店梅田本店の建て替え計画のスケジュールは、
百貨店の営業を続けるために工事を2段階に分け、2023年度に全面開業を目指している。

建て替え後の売り場面積は現在の5万3千平方メートルとほぼ同じになる見込みである。
新しい阪神百貨店は1期棟と2期棟の低層部に入る。


建て替え計画は、阪神百貨店が入る大阪神ビルと、
道路を挟んで南側にある新阪急ビルの土地を一体的に再開発。工事は1期と2期に分け、
百貨店は売り場面積を3分の2程度に縮小して営業する。

つまり休業しないってことですか?
じゃ、阪神の地下飲食コーナーは、ずっと残る(ありえない。移動して休まない?)

2015年1月21日
H2Oは代阪神ビルの解体工事を2月18日に始めると発表。
阪神の地下飲食コーナーは閉まります。

「阪神名物いか焼き」「浪速のお好み亭」「御座候」「元祖ちょぼ焼」の4店舗は
2115年2月21日から、
同じ百貨店の地下1階で場所を移しテイクアウト専門店に生まれ変わる
ため、
引き続き「阪神名物いか焼き」などの味は楽しむことができるそうです
画像

画像

画像

ずっとあった阪神百貨店に囲いがしてある、見た事ないので流石に驚きました。
売り場面積が6割になったんですが、
人気フロアは増やして新展開
以前を100%として
ファッション71%
家庭用品47%
食料品67%
14年度に大阪神ビル東側と新阪急ビルの解体を始める
新阪急ビルはテナントが引越ししいつでも解体ができる体制になっていた。(2014年12月)
2015年3月27日に阪神百貨店西側屋上にクレーンが建っていた。
画像


2015年4月2日
新阪急ビルはもうなくなっていました。
画像



2015年6月19日
パーテーションで元の形が分かります。でも元の阪神百貨店のビルは、おもっきり変わる筈なのに
画像

2016年6月15日
上記も写真からほぼ1年経過
画像

陸橋も延々と工事が続いています(2016年秋完成予定http://pubnews.at.webry.info/201605/article_128.html
画像

陸橋から大阪駅に乗降できる露天エスカレーターも2016年5月完成
画像

2017年7月13日
大阪駅からエスカレーターで陸橋に上がったら、阪神デパートの新ビルの様相が見えました。
今までのデパートより3階高い、旧新阪急ビルは一体化している(完成予想パースとちがう)
画像

その間、百貨店は大阪神ビル西側で営業を継続。

2018年の春に今建設中の阪神百貨店がオープンとともに今ある阪神デパートは閉店。解体工事に入る。

2019年度に完成する予定の1期棟東側(高さ、最高85メートル)で新たな売り場を部分開業する。
その後、大阪神ビル西側を解体
2021年秋百貨店オープン
2022年春年度に2期棟(高さ190メートル)を完成させて
全面開業する予定である。
画像


画像

画像



 



190mの高層部はオフィスとして賃貸する。百貨店とオフィスの間の中層部に商談会が開ける大小のホールを作る。



 ビル全体の延べ床面積は、現在の15万平方メートルから25万平方メートルに拡大する。

 



さらに、阪神百貨店の地下1階北側の地下道を拡幅。JR大阪駅側や御堂筋側の地上の歩道も広げ、カフェなどを設置する考え。阪急う



めだ本店と接続する歩道橋も改装し、さらに大阪駅前第4ビル方向へ伸ばす。

 



併せて阪神電鉄梅田駅の改装も検討しており、総事業費は1千億円規模になるとみられる。

2015年2月13日
阪神百貨店建替えのついでに阪神梅田駅も大改装幅が15m広がる
http://pubnews.at.webry.info/201504/article_137.html
画像



2017年8月31日駅前第4ビル前から阪神百貨店北面ほぼ完成している写真
画像


2017年11月15日に側面を撮ると長い長い百貨店になりそうです。
画像

画像

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


画像


関西(京阪神地区大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・三重県)の
オープン、キャンペーン、イベント・お得情報を無料で告知する



関西パブリシティニュースサイト「A関西ニュース」http://pubnews.at.webry.info/


皆様からお便りいただければ、このブログ『A関西ニュース」に掲載いたします。
もちろん、無料です。
ただし、「役立つ、お得、口コミになる」を基準があります。

※投資・金儲け話・風俗関係は、残念ながら、初めからお断りします。
※オープン告知の場合前後3ヶ月間に限ります。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
お申し込みはこちら≪掲示板≫から
http://a-ad.bbs.fc2.com/

または、写真画像(複数)付きの場合は、下記メールアドレスにお送りください。
aaa@a-ad.net{A関西ニュース編集部係り」まで

------------------------------------------
ただいま関西地区[A関西ニュース」記者募集中(ボランティア)です.
お申し込みはaaa@a-ad.net または 06-6681-0456 ア・アド・エージェンシー内A関西ニュース編集部
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★





※旧サイト名「京阪神ぷ・が・じゃ」「関西ニュース」でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック