祇園祭2014 -山鉾巡行と宵山の日程が2014年から変更されます!

2014年7月1日付け
祇園祭2014 -山鉾巡行と宵山の日程が2014年から変更されます!
17日に行われていた山鉾巡行が、17日と24日の2日間に分けて行われます。
これにともない、宵山や山鉾建てのスケジュールも一部変更されます。
ちなみに、17日の山鉾巡行を「前祭」(さきまつり)、
24日の山鉾巡行を「後祭」(あとまつり)と呼びます。
また近年は32基だった山鉾が、1基増えて「33基」になります。
江戸末期「蛤御門の変」で焼失していた「大船鉾」が、
再建した鉾で巡行に参加するからです。
船の形をした鉾は、船鉾とあわせて合計2基に。
ちなみに、船鉾を「出陣の船鉾」、大船鉾を「凱旋の船鉾」と呼びます。
まさしく2014年、復興を遂げた大船鉾は、京都の町に凱旋します。

画像

元々、山鉾巡行は2日に分けて行わていた、
山鉾巡行・後祭の開催は49年ぶりとのこと。
山鉾が街を巡行するのは、八坂神社の神輿を街に迎えるため、
邪気を払うことが目的です。
祇園祭の神輿渡御は17日と24日の夜。
なので山鉾巡行も2度行う、というわけです。

画像


前祭(さきまつり)
●前祭 山鉾建て/2014年7月10~14日
●前祭 山鉾曳初め/2014年7月12~13日
●前祭宵山/2014年7月14~16日
※歩行者天国は15・16日のみの予定
●山鉾巡行・前祭巡行/2014年7月17日
(巡行ルートと先頭通過予想時間/9時四条烏丸→四条河原町→河原町御池→11時35分御池新町)
▼前祭に登場する山鉾(全23基)
長刀鉾/函谷鉾/菊水鉾/月鉾/鶏鉾/放下鉾/岩戸山/船鉾/山伏山/孟宗山/太子山
郭居山/保昌山/油天神山/四条傘鉾/蟷螂山/伯牙山/木賊山/霰天神山/白楽天山
芦刈山/占出山/綾傘鉾


画像


後祭(あとまつり)
●後祭 山鉾建て/2014年7月17~21日
●後祭 曳初め・舁初め/2014年7月20~21日
●後祭宵山/2014年7月21~23日
※町内は車両通行止めになりますが歩行者天国・露店はなしの予定
●山鉾巡行・後祭巡行/2014年7月24日
(巡行ルートと先頭通過予想時間/9時半烏丸御池→河原町御池→河原町四条→11時22分四条烏丸)
※くじ改めは、寺町御池あたりで実施
▼後祭に登場する山鉾(全10基)
北観音山/南観音山/橋弁慶山/役行者山/鯉山
八幡山/鈴鹿山/黒主山/浄妙山/大船鉾

詳細は「京都 祇園祭ガイド2014」をごらんください。
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/2012/07/theme2/index.html

画像


関西(京阪神地区大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・三重県)の
オープン、キャンペーン、イベント・お得情報を無料で告知する
関西パブリシティニュースサイト「関西ニュース」http://pubnews.at.webry.info/
 ※元京阪神プガジャ
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
お申し込みはこちら≪掲示板≫からお申し込みはこちら≪掲示板≫から
http://a-ad.bbs.fc2.com/
------------------------------------------
ただいま関西地区[関西ニュース」記者募集中(ボランティア)です.
お申し込みはaaa@a-ad.net または 06-6681-0456 ア・アド・エージェンシー内関西ニュース編集部
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

皆様からお便りいただければ、このブログ『関西ニュース」に載せます。
もちろん、無料です。
ただし、面白いか、役立つ、お得、口コミになるを基準で載せます。
※、お便りいただいて、面白くできるアイデアも提供します。もちろん、無料です。

そのかわり、何の得にも、ならない場合は、編集部独断で、載せない場合もあります。
※風俗関係は、残念ながら、初めからお断りします。
※オープン告知の場合3ヶ月間に限ります。


関西ニュースに載せたい記事があれば、下記までメールか、
下記掲示板でお申し込みください。

掲示板 http://a-ad.bbs.fc2.com/

または、写真画像(複数)付きの場合は、下記メールアドレスにお送りください。
aaa@a-ad.net
関西ニュース編集部係りまで


※このサイト『関西ニュース」は前まで京阪神プ・ガ・ジャ~という名前でした。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック