ワンコイン・以下ランチシリーズ梅田大阪駅前第2ビルB1F"「さだや」とんかつ定食ワンコイン500円

2017年9月27日に行ったら「餃子とレモン」というお店に変わっていました。
ブレーンカレー480円(税込み)もあります。
餃子カレー600円(税込)ですが、餃子、シソ。レモン餃子をチョイスできる。
おそらく業態変更されたんだと思います。
「さだや」はもうありません。

2015年3月30日
ほぼ3ヶ月ぶりにきました。自販機のボタンにWチキンカツ特別奉仕500円(税込み)が
黙って表示されています。迷わず,ブタをチキンに変えました。Wの意味が
出されてすぐわかりました。
特筆すべきは、ごはんがおいしいことです。
ボクにとっては,満腹になりました。3粒のこめを残してごめんなさいと素直に言えます。※ご飯、味噌汁付きです
いつまで500円なのかも書いていませんでした。※入り口のタペストリーメニューでは600円になっていますが。。。
画像

画像

2015年1月5日


見た目は小ぎれいです1作年2013年8月にオープンしているので,知りませんでした。
暖簾をくぐれば、20cm、すぐカウンター椅子があり、入りやすいけど、客も3人(平日午後0時20分)
で、待たなくてもいい。(だいたい大阪駅前第2ビル地下は待たないとは入れない店って,今までなかったし)
でも、若干入り辛い,何かバレバレな感じで、ゲームセンターの音がどうしてもなんですが、
とんかつ定食が無性に食べたくなって、やはりッ結果入りました。
自販機だから内税なので安心。

昨日、本体価格477円と書かれたてんぷら丼を見て,スマホ電卓で計算したら
515円

(5%の時、500円としtら、8%だと、540円じゃなく、514円になるけど、
1円切り上げでちょうど(なにがちょうどなのかわかりませんが)
515円は充分に許せる金額だと,勝手な基準を作っています。

新世界通天閣のほんそばにある食堂で「500円,ワンコイン」と謳ったお店があって、
レジで530円と言われたときは、非常にムカッ腹がたったのをいまだに覚えている。

だから、500円というのは,お店が、涙の出るほど苦労されて出されているんですね。
とんかつ定食(味噌汁ご飯付き)500円
画像

画像

画像

「さだや」  定食・食堂、カレー(その他)、とんかつ
大阪府大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル B1F
北新地駅から166m
TEL・予約
06-6454-5200
営業時間
11:00~21:00ランチ営業、日曜営業
定休日:年中無休
14席 (カウンター席のみ)
完全禁煙
オープン日 2013年8月1日
食券方式
画像

画像

画像


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
画像


ワンコインランチ・以下のまとめは、 
右側のマイリンク
「ワンコイン・以下ランチシリーズ」をクリックするか、右のまとめ画像を
クリックすると見れます。
もっと細かいカテゴリーが見れます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
画像


A関西ニュース(京阪神地区大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・三重県)の
オープン、キャンペーン、イベント・お得情報を無料で告知する



「A関西ニュース」関西パブリシティニュースサイトhttp://pubnews.at.webry.info/


「A関西ニュース」のブログに皆様からお便りいただければ、ご掲載いたします。
もちろん、無料です。
ただし、「役立つ、お得、口コミになる」を基準があります。

※投資・金儲け話・風俗関係は、残念ながら、初めからお断りします。
※オープン告知の場合前後3ヶ月間に限ります。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
お申し込みはこちら≪掲示板≫から
http://a-ad.bbs.fc2.com/

または、写真画像(複数)付きの場合は、下記メールアドレスにお送りください。
aaa@a-ad.net「A関西ニュース編集部係り」まで

------------------------------------------
[A関西ニュース」の関西地区記者募集中(ボランティア)です.
お申し込みはaaa@a-ad.net または 06-6681-0456 ア・アド・エージェンシー内A関西ニュース編集部
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★







※旧サイト名「京阪神ぷ・が・じゃ」「関西ニュース」でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック