ワンコイン・以下弁当ランチ”釣鐘町”オリジン弁当「当店仕込み油琳鶏弁当480円(税込)

2016年5月19日
天神橋筋(松屋町筋と天満橋筋(谷町筋)の南側は、たぶん大阪市内で一番起伏の多いところ
その分人通りが少ない=静かな町です。
自転車を乗る人間にとって、1番苦手なところなんですね。
だから、ワンコインランチも食パンも弁当も取材がおろそかになります。

で今回は,ネタ不足のため,苦手な釣鐘町界隈を探索。食パン屋さんが見つかり、オリジン弁当さんもみつかりました。
今回は,オリジン弁当
油琳鶏弁当の文字に即引っ掛かりました.2秒もかからず480円の価格も瞬時に見て買いました。
大きいねぎにとろみソース(ちょっと変な味※味わった事がないという意味)鶏肉かつ,下にパスタ,特筆すべきは
ご飯の量が多いことです。案の定ご飯が残りました。
オリジン弁当は,イオングループになっていたんですね。
画像

画像

画像


オリジン弁当 釣鐘町店  弁当
大阪府大阪市中央区釣鐘町2-1-2オリジン弁当 釣鐘町店
天満橋駅から295m
TEL・予約 06-6949-8644
営業時間 24時間
定休日 無休
ホームページ http://www.toshu.co.jp/
オープン日 2010年3月29日

運営:イオンGオリジン東秀㈱、
1966年 創業者 安澤英雄が「有限会社 東秀」を設立(9月)/中華料理店「東秀」を東京都世田谷区千歳船橋に開店する(10月)
1996年 「オリジン弁当」50号店をオープン(9月)
1998年 「オリジン弁当」100号店をオープン(9月)
1999年 役員・社員のみならずパートタイマーにも企業運営に対する参画意識を促進するため、パート店長を含        めた「ストック・オプション」を実施(6月)
2004年 「オリジン弁当」500号店をオープン(1月)/ジャスダック証券取引所に株式を上場(12月)
2005年 東京証券取引所市場第二部に株式を上場(3月)
2006年 株式公開買付の結果イオン株式会社の子会社となる(3月)/
       「オリジン弁当」を近畿地区第1号店を大阪府茨木市に開店(8月)


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
画像


ワンコインランチ・以下のまとめは、 
右側袖のマイリンク
クリックすると見れます。

ワンコイン・以下弁当ランチ”まとめ1”「南森町」
http://pubnews.at.webry.info/201508/article_26.html


ワンコイン・以下弁当ランチ”まとめ2”「天神橋」
http://pubnews.at.webry.info/201510/article_21.html

ワンコイン・以下弁当ランチ”まとめ3”「天満橋/京橋」
http://pubnews.at.webry.info/201506/article_69.html

ワンコイン・以下弁当ランチ”まとめ4”「天神橋/南森町/天満橋/京橋以外」
http://pubnews.at.webry.info/201501/article_42.html



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
画像


A関西ニュース(京阪神地区大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・三重県)の
オープン、キャンペーン、イベント・お得情報を無料で告知する



「A関西ニュース」関西パブリシティニュースサイトhttp://pubnews.at.webry.info/


「A関西ニュース」のブログに皆様からお便りいただければ、ご掲載いたします。
もちろん、無料です。
ただし、「役立つ、お得、口コミになる」を基準があります。

※投資・金儲け話・風俗関係は、残念ながら、初めからお断りします。
※オープン告知の場合前後3ヶ月間に限ります。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
お申し込みはこちら≪掲示板≫から
http://a-ad.bbs.fc2.com/

または、写真画像(複数)付きの場合は、下記メールアドレスにお送りください。
aaa@a-ad.net「A関西ニュース編集部係り」まで

------------------------------------------
[A関西ニュース」の関西地区記者募集中(ボランティア)です.
お申し込みはaaa@a-ad.net または 06-6681-0456 ア・アド・エージェンシー内A関西ニュース編集部
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック