100円ショップ”フード”ダイコクドラッグ「くまもんえび天うどん)五木食品100円「税込)

100円ショップ『フード』
2016年12月7日
もう年越しそばをどうするかと気になる年末です。
関西のボクでも年越しそばを毎年食べています。
そばは、うどんより好きじゃないのに、やっぱり年越しそばを食べている。
そうか、別にうどんじゃいけない理由があるわけじゃない。

ある!一杯理由があります。

「蕎麦の迷宮」のブログでは以下の理由が書き連られています。

----年越しそば 
http://www.h5.dion.ne.jp/~kisin-an/tisin/tosikosi.html

■ なぜ大晦日にそばなのか

なぜ大晦日に年越しそばなのでしょうか。『蕎麦事典』(新島繁著)によると、

●鎌倉時代に博多の承天寺で年を越せない貧しい人に、そば餅を振る舞ったところ翌年から運が向いてきたことから年越しそばがはじまった。

●室町時代に増淵民部という長者が、大晦日に無事息災を祝って「世の中にめでたいものは蕎麦の種花咲みのりみかどおさまる」と歌いそばがきを食べたのが年越しそばの始まり。

●そばが細長いので、長く細く生きられるように願って年越しに蕎麦を食べた。

●そばは、切れやすいので一年のいやなことは切り捨てたいと願って年越しに蕎麦を食べた

●金細工師が散らかった金粉を集めるのに、そば粉を使ったので、そばは金を集める縁起物だとい言って年越しに蕎麦を食べた。

●そばは健康に良いという説が流行ったから年越しに蕎麦を食べた。

●ソバという植物は、風で倒れてもすぐ起き上がるので、そのたくましさにあやかったから年越しに蕎麦を食べるようになった。

ちなみに、博多の承天寺(福岡市)は、鎌倉時代にこの寺の弁円というお坊さんが、そばとうどんを中国から日本に伝えたという伝説があり、「饂飩蕎麦発祥之地(うどんそばはっしょうのち)」の石碑があります。

しかし、そばの発祥は、1574年の木曽の定勝寺の記録に登場したのが最古といわれていますので、あくまでも伝説ですね。『蕎麦事典』に、年越しにそば餅と書いているのも、鎌倉時代に、そばはまだないだろうという著者のはからいでしょうか。

さて、年越しそばを始めた増淵民部という長者(大金持ち)が何者なのか、Googleで検索してみたところ、年越蕎麦を始めた人ということ以外何もありませんでした。おいおい調べてみて何かわかりましたら、ご報告ということで。


■ もともと年越蕎麦は節分だった?

『蕎麦事典』(新島繁著)によると、本来「年越しそば」というのは節分に食べるそばの事だったそうです。節分に年越しそばとはちょっと違和感を感じるかもしれませんが、旧暦だと節分と元日の間は、ほんの数日しかありません。昔は節分も年末年始の行事の1つだったのです。

■ 毎月たべる晦日そば

年越しそばに似た言葉に、「晦日(みそか)そば」というのがあります。今は、みそかといえば、12月31日大晦日(おおみそか)のことですが、江戸時代には、毎月の最後の日を晦日(みそか)といいました。

実は、江戸時代には、毎月の晦日にそばを食べる習慣があったのです。もともとは、商家で、月末は集金や棚卸しでいそがしかったので、出前をとって使用人の労をねぎらったということだったらしいのです。

なぜそばだったのかというと、出前をたのめるということもあったでしょうが、やっぱり同じ出前を頼むとしても、寿司や鰻に比べれば安いということだったのではないしょうか。

明治になって、毎月の末日を晦日という言い方が廃れ、年末の大晦日だけになってしまいました。それにともなって、そばを食べる晦日(みそか)も、年末の大晦日だけになってしまいました。

これは私の個人的仮説ですが、月末の晦日そばと、節分の年越しそばが混同されて、ごちゃまぜになったのが、今の年越しそばではないだろうかと思っています。----

後付けの理由のような気がします。
うどんで、代用しても,何か理由をつけてやれば、うどんでもいいじゃないかと
で、勝手な理由(みんなうそですよ)つけた。

1、紀伊国屋文左衛門がみかんを江戸に持っていって大儲けした年末、
江戸の庶民が年越し蕎麦を食べる風習を知った、
『よし、関西に戻ったら、年越しうどんを流行させて,儲けたろう』と思い
『太く長くお付き合いしますよう願掛けでうどんを古代から食べていた』なんて理由をつけて売ろう!

2、うどんは、消化にいいから,最後の日に胃を休ませてあげようと街の名医と言われた医者が薦めた。

3、近松門左衛門が恋した芸者の肌の白さを連想して一人,年越しに肌を浮かべてうどんを食べた。
だから、うどんにとろろこんぶを載せたと言う噂で広まった。
画像

でやっとくまもんのえび天うどん
熊本県にある五木食品がつくった えび天うどん100円(税込)
生麺のうどんはうまいです。※玉子と七味はボクがたしました。
画像

ちょっと前に紹介した五木食品鍋焼きすき焼き風うどん100円(税込)もうまかった
表紙に五木の子守唄の絵があります。その五木(熊本市)
http://pubnews.at.webry.info/201611/article_104.html

販売店:ダイコクドラッグ天満店

大阪市北区天神橋4丁目4番20号 セイコービルB1・1F
JR環状線天満駅すぐ
TEL / FAX 06-6355-3466
営業時間 [平日] 8:00~22:00
[土日・祝] 9:00~22:00

2016年12月6日現在玉出側から入る入り口は改装工事のため閉まっていますが、JR天満側から入れます。

製造:五木食品株式会社(いつきしょくひん)
本社所在地:熊本県熊本市南区城南町坂野 945
創   業1878年(明治11年)
事業内容LL麺、機械乾麺、即席麺、半生麺、業務用麺


-------------------
100円ショップ”まとめ”http://pubnews.at.webry.info/201508/article_33.html

100円ショップ『フード』http://pubnews.at.webry.info/201508/article_34.html

100円ショップ『面白ツール』http://pubnews.at.webry.info/201508/article_36.html

100円ショップ『日用品』http://pubnews.at.webry.info/201508/article_37.html

100円ショップ『お菓子』http://pubnews.at.webry.info/201508/article_38.html

100円ショップ『ステーショナリー』http://pubnews.at.webry.info/201508/article_39.html

100円ショップ『電気・通信・オーディオ・めがね』http://pubnews.at.webry.info/201508/article_40.html

100円ショップ『その他』http://pubnews.at.webry.info/201508/article_41.html
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

●月ごとのイベントカレンダーをご覧になるには、こちらから →
 左のメニュー・バーからも、クリックでイベントカレンダーページを
 表示していただけます。
画像


A関西ニュース(京阪神地区大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・三重県)の
オープン、キャンペーン、イベント・お得情報を無料で告知する



「A関西ニュース」関西パブリシティニュースサイトhttp://pubnews.at.webry.info/


「A関西ニュース」のブログに皆様からお便りいただければ、ご掲載いたします。
もちろん、無料です。
ただし、「役立つ、お得、口コミになる」を基準があります。

※投資・金儲け話・風俗関係は、残念ながら、初めからお断りします。
※オープン告知の場合前後3ヶ月間に限ります。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
お申し込みはこちら≪掲示板≫から
http://a-ad.bbs.fc2.com/

または、写真画像(複数)付きの場合は、下記メールアドレスにお送りください。
aaa@a-ad.net「A関西ニュース編集部係り」まで

------------------------------------------
[A関西ニュース」の関西地区記者募集中(ボランティア)です.
お申し込みはaaa@a-ad.net または 06-6681-0456 ア・アド・エージェンシー内A関西ニュース編集部
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック