太陽の塔 内部公開(48年ぶりの公開)

2018年3月13日付け  
太陽の塔 内部公開
大阪のシンボルとして親しまれている太陽の塔の内部全体が、日本万国博覧会(大阪万博)から48年ぶりに一般公開されます。
芸術家、岡本太郎のデザインで、1970年アジア初の大阪万博のテーマ館の一部として建てられた「太陽の塔」は、万博閉会以降、塔内部の一階から最上階までは公開されていませんでした。
今回、「太陽の塔 内部再生」事業により、塔の耐震工事とあわせて、「生命の樹の生物群」や「地底の太陽」など内部の展示物が修復・復元され、再生された当時の姿をみることができます。

画像



開催日時

2018年3月19日~

開館時間/10:00~17:00(桜まつり期間中(3月28日~4月15日)/~21:00) 

※30分毎入替制、各回定員約80人


開催場所

大阪府吹田市 万博記念公園



料金

大人700円、小中学生300円(万博記念公園自然文化園入園料が別途必要) ※予約が必要、詳細はホームページをご確認ください。



お問い合わせ

万博記念公園 0120-1970-89



関連ホームページ

http://taiyounotou-expo70.jp/



アクセス

JR「大阪駅」・「新大阪駅」から北大阪急行電鉄「千里中央駅」~大阪モノレール「万博記念公園駅」・「公園東口駅」下車、またはJR京都線「茨木駅」から近鉄・阪急バス「日本庭園前」・「万博記念公園駅(エキスポシティ前)」下車

画像



画像


●月ごとのイベントカレンダーをご覧になるには、こちらから
 左のメニュー・バーからも、クリックでイベントカレンダーページを
 表示していただけます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
カテゴリーは、右側にありますが、もう少し細かいカテゴリーを
見たい場合、1度カテゴリーのどこでもクリックしたら、
もっと細かいカテゴリーが見れます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
画像


A関西ニュース(京阪神地区大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・三重県)の
オープン、キャンペーン、イベント・お得情報を無料で告知する



「A関西ニュース」関西パブリシティニュースサイトhttp://pubnews.at.webry.info/


「A関西ニュース」のブログに皆様からお便りいただければ、ご掲載いたします。
もちろん、無料です。
ただし、「役立つ、お得、口コミになる」を基準があります。

※投資・金儲け話・風俗関係は、残念ながら、初めからお断りします。
※オープン告知の場合前後3ヶ月間に限ります。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
お申し込みはこちら≪掲示板≫から
http://a-ad.bbs.fc2.com/

または、写真画像(複数)付きの場合は、下記メールアドレスにお送りください。
aaa@a-ad.net「A関西ニュース編集部係り」まで

------------------------------------------
[A関西ニュース」の関西地区記者募集中(ボランティア)です.
お申し込みはaaa@a-ad.net または 06-6681-0456 ア・アド・エージェンシー内A関西ニュース編集部
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

"太陽の塔 内部公開(48年ぶりの公開)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント